環境活動
株式会社カミジョウパック
〒399-8204
長野県安曇野市豊科高家1178-8
TEL:0263-71-4649
FAX:0263-71-4666
⇒地図はこちら
株式会社カミジョウパック

営業品目

包装設計・デザイン

  • 真空成形(トレー)
    ・PP・PS・PET・ABS・その他各種シート
  • プラスチックダンボール
    ・プラダン「カド吉くん」・プラ段通箱
  • テクセル加工品
  • ダンボールケース
  • 組仕切り
  • 各種緩衝材
    ・スチロール・Pブロック・エアキャップ
  • オフセット印刷ケース
  • その他の包装資材
    ・ラベルシール等

会社案内

ご挨拶

工場外観

パッケージのトータルプランニングシステムをご提供致しますのが私達、カミジョウパックです。

パッケージには様々な要素が求められます。
商品をガードする機能、収納する機能、販売を促進する機能、情報を伝達する機能等様々です。

私達カミジョウパックは、パッケージの素材提案から構造設計、内外装のデザインはもちろん、最新の設備機器のもとに印刷、加工システムを整えお客様のご要望にお応えしております。

社名碑
事務所外観
事務所内風景

会社概要

社名 株式会社カミジョウパック
代表 上條 宏聡
所在地 〒399-8204 長野県安曇野市豊科高家1178-8
TEL 0263-71-4649
FAX 0263-71-4666
営業品目 真空成形トレイ製造、プラスチックダンボール加工製造、テクセル加工製造、緩衝材加工製造、一般紙器の加工製造、各種ダンボールケース、包装資材全般の加工製造等
資本金 3,000万円
設立年月日 昭和61年3月3日
従業員 50名

沿革

昭和38年4月 上條紙器設立、創業開始(社長:上條照夫)
昭和45年12月 代表:上條泰司 就任(前八十二銀行)
昭和60年7月 雁金(かりがね)工場竣工
昭和61年3月 有限会社上條紙器工業に組織変更 資本金500万円 代表取締役:上條泰司 就任
昭和63年5月 山辺工場開設
平成7年3月 株式会社カミジョウパックに組織変更 資本金1,000万円に増資
平成7年12月 真空成形機導入(山辺工場)
平成12年10月 本社・工場移転 工場総面積4,500坪
平成12年11月 資本金3,000万円に増資
平成26年1月 代表取締役:上條宏聡 就任

事業内容

量産を視野に入れた新製品の試作品、小ロット製品を正確かつ敏速に対応しております。試作後の量産や生産コスト、納期のご相談も喜んでお受けいたします。
パッケージは商品の顔。商品が多様化すれば、当然パッケージにもいろいろなニーズが求められます。その多様なニーズを柔軟な発想力でとらえ、すばやい行動力でお客様に提供するのが私たちの姿勢です。

商品に夢を。感性工学のデザイン

商品に夢を。感性工学のデザイン

パッケージは商品の顔、商品の衣。システム化された流通社会の中でパッケージが果たす役割は非常に大きいのです。時代の流行や市場のニーズに応える機能や感性が常に求められると同時に商品の差別化も必要となります。

パッケージそのものに販売促進機能が求められるといっても過言ではありません。

パッケージの機能・素材開発

パッケージの機能・素材開発

コンパクトに安全に商品をパックするために、パッケージそのものの素材吟味、収納機能・強度補強のための副素材の開発設計が必要です。

商品パッケージ・包装紙・紙バッグ・組仕切り・ブリュースター(真空成型)、各種緩衝材、シール・ラベルに至まで、カミジョウパックの業務内容は巾広く、あらゆるご要望にお応えできます。

商品力アップ。パッケージ構造試作

商品力アップ。パッケージ構造試作

パッケージには常に商品を守る安全性が求められます。そのためには様々なトラブルを予想し、シミュレーションを実施、安全性を実証しなければなりません。

カミジョウパックは外装デザインも含めた試作品(ダミー)を作成し安全性を確認しながら、より完成度高いプレゼンテーションを実施しております。